2011年09月08日

第3回 事実を裏付けに使う


人は感情でものを買い、それから購入に論理的な理由

づけをすることが多くあります。

消費者がすでに持っている欲求を正当化し、後押しし

なければなりません。

広告の主張が、理にかなっていて信頼できそうであれば、

読んだ人はそれを受け入れるのです。

【関連する記事】
posted by 田中taro at 15:34 | TrackBack(0) | 売れるコピーの作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。